預金口座の開示を単独で求めることができるか

法律

預金口座の開示を単独で求めることができるか

人が亡くなると、その人名義の銀行口座などは凍結されるといわれています。
市役所などが銀行口座の把握をしているわけではないので、亡くなってすぐ凍結されるわけではありません。
何らかの情報によってわかった時点から凍結されます。
その一つとして、相続人からの預金口座の開示があるでしょう。
相続をするとき財産を確認しないといけないので、金額などの開示を求めます。
かつては、開示さえも相続院全員の同意が必要となっていました。
ですから非常に手続きが面倒になっていました。
誰かが同意しなければ得られないこともありましたから、話が進まない可能性も出てきます。
今は、誰でも開示を求めることができます。
ただし、他人が勝手に行うことはできません。
相続人であることを知らせる必要がります。
各金融機関に相続人が残高の請求をすると、亡くなった時点での残高などを知らせてくれます。
それを元に相続の時の分割などが行えます。
引き出すときは、相続人全員の同意の元、名義変更をしないといけません。