遺骨を誰が引き継ぐのかは法的に決まっているか

法律

遺骨を誰が引き継ぐのかは法的に決まっているか

人が亡くなったらどうなるのかは、いろいろな点から見る必要があります。
一般社会の中では、生きている人は住民登録などがされ、税金がかかったり、年金の給付を受ける権利が得られたりします。
一方、遺族の間では、遺骨などが残りそれらをどう管理していくかがあります。
仏壇を設置したり、お墓を設置した時、誰が守っていくかです。
亡くなった人が資産を持っていれば、その資産を分ける相続が行われます。
もめたとしても、最終的には裁判などで判決が受けられ、それに従います。
では遺骨を誰が引き継ぐかですが、一応は民法で決められています。
祭祀主催者と呼ばれる人がその家のいろいろなことを引き継いでいきます。
一般的には長男が該当することが多いようです。
ただ、長男が必ずしも祭祀主催者になるわけではなく、次男や三男、長女などがなることもあります。
誰が行うかは話し合いで行います。
遺言で指名があればその人がなり、裁判によって決められることもあります。

給与明細に関するコストを削減

会社設立のご相談

婚前契約書を事前に作成しておくメリットとは?

後遺障害の認定
必要な書類をご紹介します

最新記事